【中国旅行】春節長期休暇ロングツーリング①広東省東部の客家人の町「河婆鎮」への道

海外ツーリング

これは2021年2月の出来事。前年にホンダのバイクを買い年末はあっちこっち走りまくっていました。さて、毎年と言ってもいいほど春節の長期休暇は広東省東部の客家の町へ行ってます。


今までは長距離バスで行くことがほとんどでしたが同じ場所へ行くのにも交通手段を変えることによって全く違う新鮮な感じを覚えることは結構あります。今回はバイクで行きます。

海外ツーリング


目的地の河婆鎮までは400キロ近くの道のり。広東省は高速道路にバイクが入れてもらえないので一般道で行くことにありますが大体10時間強の旅になります。カメラが微妙なので上手く撮れてませんがこちらもどうぞご覧ください。


125㏄と小さなバイクですがそれほど苦にはなりませんでした。まずは1800万人の人口を誇る大都市の広州を抜けていきます。
まずは100キロほど走ったとこの広州市増城区でちょっと休憩。5時出発なのでまだ外は暗いですね。
持ってきた栄養ドリンクを飲んで一服。

市と言っても日本の市とはイメージが違うかもしれないですね。。市を出るだけで百数十キロを走らないといけないです。

海外ツーリング


ちなみに昔からですが100キロくらいを目安に10分くらい休憩しているイメージです。
2人乗りだと50キロで5分休憩のイメージですね。


更に100キロほど進んだところの恵州市で遅めの朝食。恵州市は広東省の中では人口約600万人の中堅都市。外資系企業が多く生産拠点を持っていたりで日系だとソニーとかホンダ系とかですね。

寒い中バイクで走った後の温かい麵が適当に作っているのにも関わらずマジで極上。中国の大晦日のせいかやっている店が全然なくて探すのに苦労しました。

海外ツーリング


そして現在投資が集まってきていて今後経済発展の期待が大いにできる海沿いの田舎町で不良中国人が密輸でよく使っている人口約270万人の汕尾に到着。

海外ツーリング


一人なので海鮮をガッツリ食べたいところでしたが断念。しかしボラの卵を混ぜた焼きビーフンがあると聞いたのでトライ。そして人生で食べた中で最高のビーフンでした。

生臭さはあまりなく濃厚な卵の味わいとビーフンが絡み合ったハーモニーは最高でした。セロリが良いアクセントを出していましたね~さっぱり。

海外ツーリング


汕尾では最後の休憩でした。残り90キロラストスパートです。午後三時まで来るようにとある人物に厳命されていたのでノンストップで先を急ぎます。

海外ツーリング


到着!揭西に入りました!日本と同じように行政区画ごとにこのような標識が建ってます。

海外ツーリング


10時間かけて午後三時定刻通り到着でした。

日本人の方は海外に出ると何故か大人しくなってしまいバイクに乗るなんてありえない的な異端児扱いをしてくる人がいますがやりたいようにやったらいいじゃんと僕は思います。


車は一部いますが中国でバイクに乗る外国人はほぼ100%欧米系の方ですね。
ちなみに当然きちんと中国で免許を取って合法的に乗ってます。

さて暫くこの河婆と言う町に滞在することになります。しばらく客家人たちの家でウルルン滞在記ですね。客家人は僕のブログではよく登場するカテゴリーの方々。是非以前のブログもどうぞ。


次回は河婆とその周辺のお話です。

ではでは!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です