広東 旅行

【中国旅行】広東東部のスワトウへ出張&旅行でとてつもないトラブルに巻き込まれる

投稿者:

これは2021年11月の出来事。広州から日帰りでスワトウへ出張しちょっとだけ街中を歩いて観光してたところ中々のトラブルに出くわしてしまいました。


広州から400キロちょっと離れたスワトウまでは高速鉄道で2時間半弱で行けます。

広東 旅行


因みに少し前のブログで起きたコロナ関係のトラブルと似ている内容です。2021年から中国のコロナ管理が狂気の沙汰とも思えるほど厳しくなってきていました。


スワトウは漢字で書くと汕頭で標準中国語の読みは「shan tou」です。日本語では何故スワトウになっているかと言うとスワトウ語の発音から来ていると思われます。

スワトウ概要については過去のブログでも数回登場しているのでこちらをどうぞ。


お客様が運営しているスワトウ郊外の巨大工場への訪問を終え少し郊外の古い村を散策してみます。スワトウには数回来ているとはいえ郊外の濠江区に来るのは初めてで古い町並みが残っていました。

少し派手目な寺社が各地にあるのはスワトウ主変地域の特徴ですね。


ちょっと町を外れると小さな漁港がありました。夕焼けと海と船って最高ですよね。


ふと携帯電話を見たら深セン市の伝染病予防センターから着信が30件もありました・・・・なんだろうと思ってかけなおすと・・・・・

スワトウまで乗ってきた高速鉄道で同じ車両に乗っていた人がコロナ陽性であなたは濃厚接触者なので今いる場所から一歩も動かないでくださいと。。。今から救急車を派遣しますと。。

1回目の電話から2時間街中で待たされます。もしコッソリでも移動してしまったら刑事責任を問われてしまうと。。。。狂ったようにコロナ管理をしているので流石にビビって動けない。

3時間たってやっと防護服軍団がきました・・・まずは1回目のPCRをベンチで。どのベンチに座っていたのか聞かれ、僕が座っていたベンチをPCRやったり必死で消毒したり(笑)

そのまま救急車で連行されます。街中でこんなことがあったので晒しものです。


出発地点から50キロほど離れた田舎のホテルへ連行されます。そして隔離ホテルの受付で濃厚接触者は14日間の隔離が必要と宣告され愕然とします。

日帰り出張なので着替えを持っていません・・・・ホテル室内は中々ボロイ。床も謎の長い髪の毛が結構落ちているし、室外機設置を失敗したのか大きな穴が開いていて虫がドンドン入ってきます。そしてシャワーが水しか出ません。シャワーは数回クレーム出しましたが結局直りませんでしたので気合で水シャワー。


夕食は土地柄がしっかり出ていてスワトウ料理弁当が実は結構おいしかったです。初日はスワトウ風ミートボール&ホルモンのビーフンでした。美味しい。

広東 旅行


2日間同じ服を着ていましたがさすがに匂いが気になってきましたので水シャワーで気合を入れて洗います。しかーし、当日クライアントとのzoom会議があったのを失念していました。仕方ないのでバスタオルを巻いて会議に参加します(笑)

いやーとんだとばっちり。元気なのに隔離されてしまうのはたまったものではありません。毎日2回鼻PCRをやらされるので精神的にも少しずつダメージが蓄積してきます。

4日目で陽性とされていた方が偽陽性だったことが判明・・・4日目の夜に釈放されます。しかし釈放に当たっては迎えが来ないとホテルを出れませんと。

しかたなくクライアントの人事総務担当者に迎えに来てもらいます。50キロ近くも離れているので大変申し訳ない気持ちですね・・・


さて、高速鉄道駅まで10キロほど離れているので終電に乗るためにタクシーでダッシュします。終電19:30で、現在時刻19:00です。結果終電に間に合いませんでした。。。しかしホテルには宿泊したくないので乗り合いタクシーを選択します。

トヨタのレビンが来ました。400キロの道を男5人の乗り合いタクシーで爆走しますがメチャクチャ眠そう・・・・80キロ走ったところでサービスエリアに入ります。

運転手:「オメーラ4人の中で免許持っているやついっか?」
俺以外の3人:「・・・・・持ってないっす」
オレ:「持ってるっす」
運転手:「じゃあ運転頼むわw」

まぁ運転手に居眠り運転されるよりはマシだと考え300キロちょっとを僕が運転することになります。

4000円も払って運転させられて僕以外の3人を家まで送り届けます・・・・・メッチャ疲れて家に到着したのは午前3時・・・・

まぁ体験としては面白いですが最悪です。。隔離と言い運転させられるといい最低でした。

厄年かなと思う年は数年に一回来ますが前回最低な年だった2016年から5年でまた運の悪い年かなと感じる1年になってしまいました。

次回から2022年編ですね!ますますコロナ管理が厳しくなってきているので行動範囲が少しずつ狭くなってきていますが変わらず旅行は続けます!

また、2021年年末にgoproをかったのと2022年にドローンを買い、中国のドローンスクールに通い免許も取得したので動画の質も少しずつ良くなってきています!

ではでは~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です